タオルや洋服の生乾き臭を撃退! 洗濯物をしっかり乾かせる室内設備&コツを伝授

洗濯したてのタオルや洋服からもわっとした匂いがすること、ありませんか? 原因のひとつは生乾き。洗濯物を完全に乾かすことで、イヤな匂いの発生を予防できます。便利な設備やアイテムを活用し、効率的な干し方を実践して、生乾き臭とお別れしましょう!

CHAPTER

生乾き臭の原因は雑菌

洗濯物が完全に乾いていなかったり、汚れや汗が洗濯で落としきれなかったりすると、洗濯物に付着していた雑菌が繁殖してイヤな匂いの原因になります。

雑菌の繁殖を防ぐには、何よりもしっかり乾かすこと。でも、毎日がお洗濯日和というわけにもいきません。そこで、お天気がいまいちな日でも洗濯物をカラっと乾かし、生乾き臭を予防できる室内設備や洗濯のコツをご紹介しましょう!

生乾き問題を解決してくれる設備&アイテム

1.浴室乾燥機

最近の住宅は、スタンダードといえるほどに浴室乾燥機が標準装備されているので、活用しない手はありません。ただ、浴室乾燥機を使用するときに忘れてはいけないことが。

それは、窓と扉を閉め切ること。「風通しをよくしよう」と思って窓や扉を開けたままにすると、浴室内の温度がなかなか上がらず、乾きにくくなってしまいます。

また、事前に浴室の水分を除いておくことも大切です。バスタブの残り湯は抜いて、入浴後などで床や壁に水滴がたくさんついているときは、タオルや水切りワイパーで取り除くとよいでしょう。

2.除湿器&サーキュレーター

天気が悪い日や洗濯を夜行う場合、室内干しで生乾き臭が発生しがちです。そんなときのお助けアイテムが除湿器。室内干しでもしっかり乾かせますし、同時に室内のジメジメを回避してくれます。

おすすめなのは、洗濯物モード付&水タンク容量が大きいタイプの除湿器。筆者は「cado(カドー)」というコンプレッサー式除湿器を愛用して毎晩稼働させています。夜、室内干しをしたバスタオルが朝にはしっかり乾いていて、生乾き臭とは無縁です。除湿器を使う場合は、小さめの部屋や浴室など、できるだけ狭い空間の方が除湿機能が発揮されやすいです。

また、除湿器がなくても、サーキュレーターで洗濯物に風を当てるだけでも乾く速さがずいぶん変わります。

3.ガス乾燥機

1時間程度で約5kgの洗濯物を乾かすことができる時短&パワーが魅力のガス乾燥機。洗濯機の乾燥機能と比べても、その仕上がりは感動ものです。ガス乾燥機があれば、まず生乾きとは無縁ですし、厚手の洋服や大きなタオルケットなども効率よく乾かすことができます。

ただ難点もあります。それは、初期費用が高めなこと。ガス乾燥機本体が5kg用で約10万円。取り付けには「1.ガス配管工事や排気ダクトの接続」「2.専門会社による本体設置」が必要で、設置費用が5万円前後かかります。

それでも、毎日の洗濯タイムを時短できること、天候や干す時間帯関係なくしっかり乾かせることなどを考えると、特に洗濯物が多いご家庭では検討の価値大です!

生乾き臭を抑える3つのポイント

洗濯物をしっかり乾かすためには、洗濯方法や干し方にもコツがあります。

1.室内干しをするときは専用洗剤を使う

乾きにくく、生乾きになりやすい室内干しを予定しているときは、「室内干し専用洗剤」を使いましょう。通常の洗剤よりも、抗カビや抗菌、除菌効果が期待できます。

2.間隔を開けて風を通す

洗濯物をぎっしり隙間なく並べると、風の通り道がなく、乾きにくくなります。洗濯物の間隔を開けて、風の通り道を作りましょう。

ピンチハンガーを使う場合、乾きにくい物は外側、乾きやすいものは内側に干すのもポイントです。

3.ポケットが付いている洋服は裏返して干す

ポケットがついている洋服は、生地に重なりがある分、ポケット部分が生乾きになりがちです。裏返しにして干すと、生地が重なる部分にも風が当たりやすく、乾きやすさがアップします。

生乾き臭を防止するためには、何より「スピーディーにしっかり乾かす」こと。

そして、生乾きの場合だけでなく、洗い終わった洗濯物を洗濯機の中に放置したときや、洗濯槽自体が汚れている場合も、洗濯物にイヤな匂いが付きやすくなるのでご注意を。

便利な家電や設備を活用しつつ、洗濯方法や干し方のポイントを押さえて、生乾き臭とお別れしましょう!

関連記事

掃除
掃除
掃除 , 床